git branch (END)で悩んだ話とローカルブランチの削除

こんばんは。てちこまです。

最近まで「GitといえばSourceTreeや!」「今どきCLIなんて流行らんで!!」

と息巻いていた私ですがWEBプログラマのアルバイトに通う友人がバイト先で

「えーマジGUI!?」

「SourceTreeが許されるのは小学生までだよね!!」

と言われたそうなので(一部曲解アリ)慌ててCLIでGit触り始めました...

最初はコマンドでGitとかめんどくさそう、とか思っていたのですがVScode上で作業が完結するので作業スピードが向上しました。

そもそもGUIだとアクセス頻度の少ない機能も全部表示されるのでそりゃコマンド叩いたほうがスッキリ触れますよね。

実際5~6個程度しかコマンド使ってないですし。

ということでCLI-Gitをヨイショしたところで本題に入ります。

いつものように「git branch(カタカタ、ッターン」(※ローカルブランチの一覧表示)するとこんな表示になりました。

例)

ワイ「...gitちゃんが壊れた」

ググると「ターミナルに一覧がはいりきらんからページ分けされてるだけやで」ということで「qキー」で終了しました。cli無知を晒しただけです...

guiばっかり触ってるといざってときにコマンドパッと出てこないんでヤバいですね。


ほいで、せっかくなんでプルリクしてマージされたブランチは消してスッキリさせようと思いローカルブランチの削除方法を調べました。

  • マージ済みのブランチの削除

  • 問答無用で削除

    スッキリ!!

てちこま

高卒後3年ニート。 起死回生でコン専入学。 資格とったり、アプリ作ったりしてました。 2020から新米WEBエンジニアになりました。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする