楽天モバイル(キャリア)を3ヶ月使って見えてきた問題点

※こちらは楽天モバイル(自社回線)の無料テスターの記事になります。

どうも。てちこまです。若干タイトル詐欺かもしれません。
何故かというと前の記事から大きな変化はないからです。問題点は最初の2週間でほぼ確定してます。

それでも一般ユーザ目線の記事が一個でも多いほうがいいかなと思うので(無料で使わせてもらってるし...w)レビュー書いていきます。

1.通信速度

通信速度結果

この速度なら文句なしです。マンションの光回線より速いときもあります。無料期間中は100GB容量なのでNetflixとかAmazonPrimeVideoとかじゃんじゃん見てます。100GB...消化しきれる気がしません。

2.安定性

こちらはやっぱり良くないです。

というのも楽天モバイルの持ち周波数が少ないのは新興キャリアなので仕方ないかなーって思うのですが、それ以外でauに間借りしている帯域に切り替わる時(楽天モバイルのキャリアバージョンでは自社で賄えないエリアをau回線で補っている)一瞬通信が途切れてしまうんですね。

例えば地下鉄の一部エリアや楽天周波数提供エリアと提供外エリアの境界線近辺ではそういったことが頻発する恐れがあります。

前回から変わりないですね。

まとめ

楽天モバイルが提供するキャリア回線に関してですが現在4月から一般提供するのを目処に準備しているようです。

実際サービスが始まり大量の新規ユーザが入ってきた時にこの速度が維持されるのか?100GBプランなどで格安sim並の価格破壊が起きるのか?通信、通話の一時的な切断をどのように対策していくのか?

これらの問題が解決されれば大手3社の寡占状態を崩せると思うのでがんばっていって欲しいところです。

現状は普段頻繁にスマホを利用しない人、もしくは家で使うことがほとんどの人が料金次第で契約検討できるかな?といった感じです。

てちこま

高卒後3年ニート。 起死回生でコン専入学。 資格とったり、アプリ作ったりしてました。 2020から新米WEBエンジニアになりました。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする